MysticLink

MHF 2鯖で過ごしたMysticLinkの仲間との思い出

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とある復帰ハンターの小話

第二話【宿主】

男は悩んでいた。

新しい宿主を何処にしようか悩んでいたのだ・・・

Z2改めガレ♂:だいぶ落ち行いてきたし何処に寄生するか決めないとな・・・

男はブツブツ言いながら求人情報誌をペラペラめくっていた

求人誌


ガレ♂:フム・・・ここなどどうだろう?

宿主


ガレ♂:ふ・・・ふふ・・・ふははは、なんと間の抜けた集合写真・・・決めた、こやつ等に寄生するぞ!

そう言って、すぐさまメールを送る。

ガレ♂:まあ、最初ぐらいはまともなハンターのふりをしておくかな・・・

そんな邪な考えを巡らせてる最中に返事のメールが来た。

どうやら、その猟団の幹部がこちらに来るらしい。

ガレ♂:ふ・・・誰が来ようとも我が寄生術からは逃れられられんて!

そして、少しの時間を置いてNoaというキャラが来た。

Noa:初めましてこんばんわ

ガレ♂:初めまして^^

そのような一通りの挨拶が済んだ後

Noa:せっかくなんで一度クエにでもいきませんか?

きた!!

ガレ♂の頭の中:ふふ・・・俺がどういう人間か試すつもりだな?

ガレ♂:では、下位レイアにでも・・・

そして、樹海にやってきた二人は慣れた足取りでレイアに向かう。

ある程度、戦っていた時にガレ♂はかすかな視線を感じた

ガレ♂の頭の中:む・・・あのキャラの人俺を見ている・・・そうか、俺が寄生虫じゃないか疑っているんだな?

すぐさま、ガレ♂はお得意の寄生術を使った。

ガレ♂:俺にかまわずどんどん攻撃しちゃってください^^

こう言えば全力で戦わざるを得ないことを知っていて、そう言ってしまうこの男は

真性の寄生である

そして、戦いも終わって明日また会う約束してその日は別れた

次の日

ガレ♂は昨日会った男に呼ばれたのでそこへ行ってみると猟団員らしき人が何人かいた

ガレ♂の頭の中:フフフ・・・この猟団の幹部をだましきった俺に怖いものはもはや・・・

そう思っていた時に、幹部らしきもう一人の女が不意に話しかけて来た。

副団長

超武砕苦:かわいすぎてごめんなさいっ!











その瞬間、ガレ♂はこう思ったという
こいつは骨が折れそうだ・・・w
スポンサーサイト
  1. 2008/02/26(火) 21:09:36|
  2. ガレ♂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<撮影 | ホーム | やったよヽ(≧∇≦)ノ>>

コメント

追記、半分くらい実話ですww
  1. 2008/02/27(水) 01:12:01 |
  2. URL |
  3. ガレ♂ #-
  4. [ 編集]

その後、ガレ♂は首の骨を折られたという。  終
  1. 2008/02/27(水) 01:27:03 |
  2. URL |
  3. お松 #-
  4. [ 編集]

わろたw
  1. 2008/02/27(水) 02:20:48 |
  2. URL |
  3. Noa #-
  4. [ 編集]

思いっきり兄弟の猟団じゃないかwww
そして入って思ったろう?
なんて団長はデキタ人だと・・・
  1. 2008/02/27(水) 12:25:52 |
  2. URL |
  3. 一撃 #-
  4. [ 編集]

ええ、いろんな意味でデキタ人だと人だと思いましわw
おっと・・・予告しとくかね・・・
次回最終話【寄生完了!!】
  1. 2008/02/27(水) 19:26:23 |
  2. URL |
  3. ガレ♂ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mysticlink.blog110.fc2.com/tb.php/16-4c376ec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。