MysticLink

MHF 2鯖で過ごしたMysticLinkの仲間との思い出

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猟理の鉄人

「みなさん、こんばんは。猟理の鉄人の時間です。そろそろ、主宰が登場するようです」















「ワ~タシの記憶が確かならば、今日の挑戦者は、宮廷料理の第一人者で数々の王様たちの舌をうならせたことがあるとか。そ~れでは紹介しよう。」







「今日の挑戦者は王国のお台所、山田シェフ!





a.jpg
「私の得意料理は、サンマと大根のムニエルよ、よろしくネ!」





「さて、山田シェフ。誰と闘いますか?」




「武砕苦シェフをお願いします!」








「わかりました!一人だけ甦るがいい!アイアンシェフ!」











b.jpg
 
「中華は火力よ!」









「おーっと、登場しました!現在36連勝中の超武砕苦シェフです!」











「それでは、今日のテーマを発表します。滑らかな毛触り、プルっとしたお尻、
誰にでも愛さ れている凶暴なモンスター…そう、今日のテーマはコレです!」






「おおっーと!テーマはなんと牙獣種です!解説の一撃さん、いかがですか?」






m.jpg
「そうですねえ…メインは牙獣種ですが、牙獣種には他のボスと抱き合わせで現れる
うっとうしい事この上無いドスファンゴ、う○こを平気で人に投げつけるババコンガ、
雪合戦に石を忍ばせるドドブランゴ、戦いが大好きで底抜けの明るさと優しい心をもつ、
地球育ちのサイヤ人まで用意されているようですね。尻尾をどう料理するかがポイントになるでしょう」









「アーレ!キュイジーヌ!」 







「さあ、試合開始です!まずは、山田シェフからですが・・・どうやら、金マグロをラージャンの腸に
詰めているようです。さすがは宮廷料理の第一人者、見せてくれます!」










「一方、武砕苦シェフの方は… おおっ!なんと大きな鍋を使って、全ての牙獣種の肉を凄まじい勢いで炒めています!
これは…得意のピリ辛料理かぁ~!!」

4.jpg
5.jpg
e.jpg










「・・!? 皆さんご覧ください!武砕苦シェフが笑っています!この試合に負ければ一転して
王座から引きずり降ろされるかもしれないというのに、料理をしながら不敵に笑っています!」

f.jpg





「鉄人の余裕といったところなのか!さらに、ドスファンゴとラージャンの尻尾を取ってサラダにしているようですが・・・、どうやら、モヤシに見立てているんでしょうか?
まもなく、制限時間です。試合終了ーっ!」











「料理の審査は、私と、ML料理委員会の各審査員たちが行います。」
g.jpg









「ではまず挑戦者の山田シェフの料理和風ラージャンの金マグロ詰めからです!」

















mhf_20080322_214321_316_convert_20080322223358.jpg

「う~ん、マグロのまったりとした味がたまりませんなあ!でも、私には素朴な庶民の味の方があっているかも…。ああっ、そろそろ確定申告しないとなあ…」



「そうですね、私にはこの宮廷料理の方が合ってますね、田舎者の料理はどうも口に合いませんな」




「まずまずの結果だったようです。さて次は武砕苦シェフの特製牙獣チャーハンです!」





















h.jpg


「これは・・・中身が飛び出してしまったように見えますが・・・」


「中華は火力よ!」



「いえ、そういう事ではなく、試食できるものが無いと勝負にならないのですが・・・」




「食べるものならそこにちゃんとあるわよ」





「・・・?」







「・・・あなたには私の作った料理が見えないのね。普通、料理人というのは料理を作る時に色んな気持ちを込めるわ。それは、食材に対する愛情や感謝の気持ち、そして食べてくれる人たちへの喜びや期待・・・。私の場合はね、''夢,,を料理に込めるの」










「・・・夢・・・はぁっ!まさか!?











「そう、私の料理は夢で出来てる。だから、夢を持っていない貴方には見えないのよ!!」
openimg.jpg











「なんという高次元な料理バトルなのでしょうか!もはや私では料理の解説をすることも許されません!後は審査員たちの動向を視聴者の皆様と同じく静観するのみでございます!」









「では、審査員の一撃さんから料理の評価を出していただきたいと思います」












i.jpg
「武砕苦シェフ、私はね。最初にあなたの料理が出された瞬間に勝敗が分かっていたよ。
まさか夢のチャーハンを作ってしまうとは長い間審査をしてきた私も驚かされるばかりだ。
だが、いくら夢のチャーハンを作ったからといって、その味が良くなければ結果が逆転する可能性も大いにあり得る。だから、私はあえて料理を食べてから貴方の料理を評価したいと思う、いいね?」








「審査員の一撃さんが今!武砕苦シェフの料理を口に運び始めました!私には見えませんが!」








n.jpg

「もぐもぐ・・・・・・こ、これはぁ・・・!」






















      「うーーまーーいーーぞーーー!!!」 


k.jpg
l.jpg



         「落ちていくぅううううぅ!」 




   
    「牙獣種という異なる素材同士が、お互いを生かし合いながら安定している・・・
    己を強く主張し過ぎず、かといって、周囲に埋もれてしまうほど弱くはない。
    そして銀シャリに絡んだ肉から噛んだ瞬間に濃厚な肉汁が溢れ出すことによって、
    より一層美味さを引き出しているのだ!・・・だが・・・だが、それだけでは
    この料理の美味さ全てを説明することはできない!」







「教えてくれ、武砕苦シェフ。貴方はこの料理に一体どんな魔法をかけたというんだ!」







「はは、魔法だなんて大袈裟ですよ。・・・調理酢を入れたんです。1,8
img10211041624.jpg













「それでは、審査結果の発表です」





「牙獣種対決の勝者は…山田シェフか?それとも、武砕苦シェフか?」



















「鉄人!超武砕苦シェフです!」


j.jpg



「おおっと、これで37連勝達成です!次回の挑戦者は、意外と料理の上手な、バケツを被った
 オヤジです!それでは次週をお楽しみに!!」















つづきません

スポンサーサイト
  1. 2008/03/20(木) 16:32:07|
  2. 超武砕苦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<新たな出会いに感謝 ^^v | ホーム | ブサイクよ、無事か?>>

コメント

画像縮小完了!疲れたぜぃ(o´Д`)=з
  1. 2008/03/22(土) 04:45:47 |
  2. URL |
  3. まみぃ #-
  4. [ 編集]

更新しときゃ良いんだよ・・・
誰かおいらのブログも更新してくれ・・・

おもしろかったぜいw
  1. 2008/03/22(土) 11:59:09 |
  2. URL |
  3. 一撃 #-
  4. [ 編集]

鉄人とはなつかしいネタw
  1. 2008/03/23(日) 19:28:27 |
  2. URL |
  3. RB #-
  4. [ 編集]

俺が生まれる前の番組らしいね
  1. 2008/03/24(月) 02:20:58 |
  2. URL |
  3. Noa #-
  4. [ 編集]

↑どう見ても鯖読みです 本当にry
  1. 2008/03/24(月) 16:13:58 |
  2. URL |
  3. お松 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mysticlink.blog110.fc2.com/tb.php/33-e5f254fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。